SWIFTコードとBINコードとは?

SWIFTコード

出金申請をする際にはSWIFTコードが必要となります。SWIFTコードとは国際銀行間金融通信協会が提供する国際送金システム上で、相手の銀行を特定するために用いられるものです。送金側は受取人保有口座の銀行のSWIFTコードを入力することにより、確実、スピーディに送金処理を行うことができます。

SWIFTコード8桁または11桁のアルファベットと数字で構成されますが、ネット銀行や一部の銀行ではSWIFTコードが振り分けられていません。このようにSWIFTコードが振り分けられていない銀行では出金申請が出来ないので、事前に利用予定の銀行にSWIFTコードが振り分けられているかを調べておく事が大事です。

SWIFTコードを調べる方法はネットで【銀行名・SWIFTコード】で検索するかSWIFTコードに希望の銀行のコードが登録されていると思いますので、調べて送ります。


BINコード

SWIFTコード同様本人確認書類の提出の際にBINコードを提示する必要があります。BINコードとはクレジットカードの頭6桁の数字の事でカード会社を識別する為に用いられるものです。その中でも先頭の数字は産業を示しており、Visaは4から、Masterは5からAmex,Diners,JCBは3から始まります。

BINコードは画像の赤で囲った部分ですので、本人確認書類の提出の際はこちらの6桁の数字がはっきりと分かるものを送ります。