レンジ取引

レンジ取引とは、取引終了までにあらかじめ決められた一定の幅から出るか出ないかを予想するものす。上下のラインから出なければ予想的中となります。
ですので、レートがあまり上下に動いていないときにはとても有効な取引です。ハイローや60セカンズなど他の取引ルールがトレンドが出ているときが狙い目となるので、レンジでの投資ができるようになると取引の幅が広がり、どんな相場の状況にも対応できるようになります。