国内業者と海外業者の違い

バイナリーオプション業者は、大きく国内と海外のバイナリーオプション業者に分けられます。

これらの違いを知り、適した業者を選択することは重要です。

当サイトでは海外バイナリーオプション業者を紹介しています。これは海外バイナリーオプション業者の方がメリットが多く初心者でも気軽に始める事が出来るからです。

ここではメリットやデメリットを紹介しながら国内と海外のバイナリーオプション業者の違いを紹介します。

①口座開設に掛かる時間

国内業者の場合は、口座を開設する場合には、簡単なテストが実施されます。このテストにクリアする事ができないと口座を作ることができません。そのテストに時間がかかる場合があるため口座開設に1週間程度かかるケースもあります。


しかし海外業者の場合は、メールアドレスや生年月日などの必要事項だけを記入すれば無料で口座を開設をする事が出来ます。よって最短1分程度で口座開設が完了することが可能です。そのため国内業者に比べて早く始められると言えます。これは海外業者を利用する大きなメリットとなります。

②取引に掛かる時間

国内と海外のバイナリーオプション業者の最大の違いについて考える場合には、この「取引に掛かる時間」」が真っ先に挙げられる大ほどきな違いがあります。

国内業者では、短期取引が禁止されているため最低でも2時間以上の取引が必要です。


それに対して海外業者は規制がないため短期取引が可能です最短で30秒で結果が出るものもあります。

短期間で結果が出るという事は、初心者でも簡単に予想ができ、勝ちやすいというメリットもあります。これは、海外業者が人気であり、またおすすめできる理由の1つと言えます。

③最低入金額と最低取引額

国内業者の魅力と言えば1口100円から取引ができるなど低額で投資が出来る事でしょう。

もちろん海外業者の中には最低取引額が200円からの業者もありますが、最低取引額の設定が500円~1,000円程度のものが多く、国内業者の方が手軽に始められるイメージがあります。

しかし実際に取引をする際は国内業者の場合FX取引をするなら1万通貨単位が最低取引数量など設定があるため1口100円から取引ができるとしても米ドルを1万つまり1万ドルの取引からスタートする場合約100万円分の資金を必要となります。

実際はレバレッジがあるため実質4万円程度口座に残高があれば取引をスタート出来ます。

海外業者の場合最低入金額があれば取引を開始する事が出来ます。

もっとも最低入金額が低いハイローオーストラリアザ・オプションでは5,000円以上の入金で取引をする事が出来るので、こうして考えると海外業者の方が少ない資金で始めやすいと言えます。